闇金業者がしてくるいたずらの内容、対処方法

闇金への返済が少しでも滞ってしまうと始まるのがいたずら、嫌がらせ。

 

闇金からの嫌がらせは電話での嫌がらせが中心ですが、嫌がらせの内容はすごく多いのが特徴。

 

ここでは闇金からされる嫌がらせの内容をまとめました。

 

少しでも思い当たることがあったら、そのままにしておくと大きな事件に発展してしまう場合もありますので、闇金問題解決の専門家に相談することをオススメします!

闇金業者がしてくるいたずら、嫌がらせの内容

 

ここから闇金業者がしてくる嫌がらせ、いたずらの内容を紹介します。

 

取り立ての催促電話

 

一番多くされることが多いいたずらが返済の催促の電話。

 

理由もなく返済が遅れるが遅れると昼夜問わず取り立ての電話をしてくるのが闇金業者の特徴。

 

電話の回数も尋常ではなく、1日に100件、200件と電話をしてくることはよくあること。

 

電話にでたとしても罵声を浴びさせられることは多いので精神的に追い詰められてしまいます。

 

出前、デリヘルを呼ばれる

 

取り立て電話の次にされることが多いのが、ピザや寿司を注文される。

 

ひどいと深夜にデリヘルを呼ばれることもあるんです。

 

家族がいる方にとってはすごくキツイ嫌がらせの内容です。

 

出前で頼まれる注文数もすごく多いので、出前の人にも文句を言われるのでキツイ嫌がらせです。

 

勤務先や実家へ嫌がらせの電話をされる

 

あなたの勤務先をSNSで調べたり、借入する時に闇金業者に教えた連絡先をもとにあなたの実家や勤務先へ嫌がらせの電話をすることもあります。

 

闇金業者が実家や勤務先へ電話をして「〇〇さんがあなたのことを保証人にしているから〇〇日までに〇〇円返済してください」という電話をします。

 

そんな電話がきた時には、あなたへ事情をきくに決まっています。

 

会社によっては事体が収まるまで謹慎になったり、クビになってしまうこともあるので早い対応が必要になります。

 

ネットに個人情報がまかれる

 

SNSが普及するのに合わせて増えてきている嫌がらせがネット上にあなたの個人情報をばらまくいたずら。

 

あなたのSNSにアップしている画像をもとに闇金業者があなたのニセアカウントを作り、ありもしない投稿をたくさんするといういたずら。

 

掲示板にあなたの画像と共に借金のことやありもしないことをたくさん書くという方法です。

 

ネット上にばらまかれた内容は消すのに時間がかかるというのと、最悪消すことができないことも!

 

早く闇金業者に対して対応する必要があります!

嫌がらせの期間は1か月〜半年

 

闇金からの嫌がらせはずっと続くわけではなく、短くて1か月、長くて半年くらいといわれています。

 

1か月から半年も嫌がらせをしても返済してこないのであれば別の人に貸し付けをして取り立てをしたほうが利益があるという考えに闇金業者はなるんですね。

 

なら、半年はガマンすればなんとかなる!と思いますが、半年の間にされる嫌がらせがもとで家族や親せき、近所とのかかわりが難しくなったり、会社をクビになるなど大きな問題に発展してしまう場合もあります。

 

何かあった時に絶対に味方になってくれる人がいる!

 

そんな方ならいたずら、嫌がらせの電話を無視してもいいかもしれません。

 

ただ、絶対的に信頼できる人がいないという場合は早く闇金問題に詳しい専門家に相談することをオススメします。

闇金問題解決の専門家に相談することが大切

 

闇金業者から嫌がらせが始まると、どんどん追い詰められてしまい精神的につらくなってきます。

 

でも、誰にも迷惑をかけないようにと自分で解決しようとするともっと事体が悪化してしまうのが闇金問題の特徴。

 

少しでも「これは闇金業者からの嫌がらせ?」と思ったら闇金問題に詳しい弁護士や司法書士に相談して解決の糸口を見つけることが大きな事体に発展させない秘訣です!