こんなにある?!新しい手法から古い手法まで!闇金業者の手口

闇金(ヤミキン)とは法律で決まっている金利(年利20%)以上の金利で貸し付けをしている貸金業者のことを言います。

 

法律を守っていないので、取り立て方法も悪質な方法がほとんど。

 

お金を少しでも返さないとと脅してきて返済を求めてくることが多いです。

 

闇金の手口も警察の規制から逃れるために日々新しい手法が登場しています。

 

ここではベターや手法から新しい手法を紹介していきます。

 

少しでも思い当たる手法がありましたら闇金問題解決の専門家に相談してください

闇金業者の手口

 

メジャーな手口から最新の闇金業者の手口を紹介していきます。

 

090金融

 

新しい手法ができたとしても絶対に無くならない手法が090闇金。

 

090とは電話番号の090から来ています。

 

電話でのやり取りだけで貸し付けから取り立てまですべて行っている闇金業者のことを言います。

 

闇金業者と対面することがないから安心と思うと痛い目を見るのが090闇金の特徴。

 

取り立て方法は電話にないと1日に100件、200件と平気で取り立て電話をしてきて精神的に追い詰めてきます。

 

返済を少しでも遅れると家族や職場に取り立ての電話や出前の勝手に注文して届けさせる嫌がらせ、あなたの家の近所に取り立て電話をしてデマを広げる。

 

電話でできる嫌がらせをすべてしてくるんです。

 

電話だけで融資から取り立てをしてくる業者から借り入れをした場合は要注意です。

 

カラ貸し

 

一度闇金業者から借り入れをしたけど完済した!という方は注意してほしいのがカラ貸し。

 

返済が終わった人の銀行口座へ勝手に1000円〜5000円くらい少額入金して、「入金しといたから金利合わせた〇〇円返済しといて」と電話をしてくるんです。

 

闇金業者から借りたお金の返済が完済したけど、完済した時から個人情報が何も変わっていないという方は要注意です。

 

車担保闇金

 

お金を貸す代わりに車のスペアキーと車検証の名義を闇金業者に変更してお金を借りるのが車担保闇金。

 

返済が少しでも遅れると勝手に車をもっていかれ売却されてしまうことがあるので要注意。

 

車を取られたと通報しても車検証の情報があなたではなくなっているので最悪泣く泣く車がなくなってしまうこともあるくらい怖い闇金の手口です。

 

サラ金

 

街金ともいわれているのがサラ金。

 

通常のサラ金であれば年利20%を守って貸付をしてくれます。

 

しかし、中にはサラ金だと思っていたら闇金業者だった!とうことがあるので注意が必要です。

 

年利をなかなか教えてくれなかったり、10日で5割という金利だった場合は闇金業者の可能性が高いです。

 

質屋闇金(年金闇金)

 

見た目は質屋だけど、貸付方法や金利が年利20%以上という質屋が存在します。

 

通常の質屋であれば、質屋に預けるものに相当する金額が貸付されるのが質屋の仕組み。

 

質屋闇金は、壊れたものや値段がつかないものなど形だけ質としてあずけ、お金を貸す質屋のこと。

 

返済方法は質屋の口座に年金の支払い先に指定され、年金を勝手に取られるという仕組みになっているんです。

 

年金は質屋から返済分を引かれた金額を渡されるんです。

 

SNS闇金

 

最近多くなってきている手法がSNS闇金。

 

ツイッターやFacebookなどでお金がない、お金を貸してほしいといった投稿をすると、「少額で良ければ貸しましょうか?」とコンタクトを取ってくる人がいます。

 

実はその人達が闇金業者ということがあるんです。

 

貸付のやり取りもSNS上でやるので簡単ですが、借りると高額な金利をかけられ返済が難しくなってしまい追い詰めてくるのが特徴。

 

SNSで貸し付けをした人は早く闇金問題に強い専門家に相談することをオススメします。

実際に会わないで貸し付けをしてくるのが闇金業者の特徴

 

闇金の手口は多くありますが、どの手口にも共通しているのが電話だけのやりとり、会わないで貸し付けをしてくるというのが共通しています。

 

闇金業者にとって実際にあって貸付をするというのはリスクでしかないので、あなたに会いたがらないのが特徴。

 

もし、今お金を借りている業者が会わないで貸し付けをしてきたり、詳しい金利を教えてくれない場合は闇金業者から借り入れをした可能性が高いです。

 

ぜひ1度闇金問題に詳しい専門家に相談してみてください!